header banner
RACE INFO
REGISTER NOW

規定

 

総則

1. スタンダード・チャータード・マラソン・シンガポール(SCMS)2012は、本規定(以下「本規定 」と言う)に従って、シンガポール・スポーツ評議会(SSC)(以下「主催者」と言う)が主催し、参加者には諸条件(諸条件)全て適用される。諸条件はwww.marathonsingapore.com(公式ウェブサイト)で閲覧できる。

2. SCMS 2012に参加登録した個人、すなわち参加者は、主催者が主催者のプログラム、企画、データ処理、統計分析または危険分析、調査、資金調達および/またはシンガポール・スポーツ評議会法(第305条)で規定されているSSCの機能または権限を推進するためのその他の目的に関するものを含むがこれに限定されない情報を、その自由裁量により妥当であるとみなし、主催者がかかる参加者に関する一切の個人情報を収集、分析、照合する許可書を与えたものとみなされる。

3. オンライン登録を含め、正式な参加応募用紙に必要事項を記入することによって、参加者は本規定に従うことに同意する旨を明示する。

4. 本レースへの参加登録は参加料の支払いおよびレース識別番号の発行をもって、初めて確定される。

5. 参加者は(i) 登録用紙に自身に関する真正、最新かつ完全な情報を記載する(以下「登録データ」と言う)、(ii) 自身のパスワードと身分証明書に関しセキュリティー対策を維持する、(iii) 登録データを常に真正、最新かつ完全なものとするため、保持および速やかな更新を行うことに同意する。主催者は随時電子メールで参加者に連絡を取ることができる。主催者に提出したメール¬アドレス宛てに送信された通知は全て、参加者に受領されたものとみなされる。

6. 参加者が虚偽、不正確、非最新または不完全な情報を提供した場合、または、主催者にかかる情報が虚偽、不正確、非最新または不完全であると疑う根拠がある場合、主催者は当該参加者の登録を差し止め、もしくは、取り消した上で、今後一切の公式ウェブサイト(またはその一部)利用を拒否できる。

7. 主催者は適切であると判断した場合は随時、本規定および/または諸条件のいずれも変更または代替する権利を有する。かかる条項のいずれかに曖昧さがある場合、主催者はそれを解釈する権限を持つものとし、その際、影響を受ける参加者全員の利益を考慮する。

8. 主催者は参加者に対する事前通知なしにいつでもSCMS 2012を中止する権利を有するが、その場合には、参加者に対しイベント当日より前に通知を行う相応の努力を払う。SCMS 2012が中止を余儀なくされた場合、支払われた料金の払い戻しはないものとし、主催者はその他一切の損失または不都合に対し責任を負わないものとする。

9. 主催者は、参加者の安全上および/または本イベントの運営における潜在的危険性を回避するため妥当であるとみなし、参加者に対する事前通知なしにいつでもSCMS 2012のコースを変更する権利を有する。その場合には、参加者に対しイベント当日より前に通知を行うためあらゆる努力が払われる。主催者はかかる変更によって生じたその他一切の損失または不都合に対し責任を負わないものとする。

10. 参加者の安全を確保するため主催者は合理的な予防措置を払うとはいえ、参加者は自己責任でSCMS 2012に参加し、主催者がSCMS 2012に向けたトレーニング、レース参加中または参加後に生じるいかなる怪我または死に対し責任を負うことも、問われることもない。参加者は登録に先立ち、かつ、実際のレース日より前に掛かりつけの医師の診察を受けることが強く推奨される。

11. 参加者が付けるゼッケンの裏面には必要事項が完全かつ正確に記入されなければならない。参加者は指定のゼッケンをランニングウェアの前面に付けなければならない。ゼッケンを付けていない参加者は警備員またはコース担当者によってコース外に誘導されることになる。

12. 参加者は完走予定タイムに基づき、異なるスタート・ドックからスタートする。参加者はゼッケンに示された各スタート・ドック内に集合することになっている。

13. レース・コースは期間中、スタートの旗が振られてから8時間は通行止めとなる。締め切り基準である8時間を超えると、通行止めは解除され、車両の通行が再開される。詳しくは、公式ウェブサイト、メール・マガジン、イベント・ハンドブック上に記載予定。

14. 公式医療スタッフ、レース責任者、レフリーおよび/また警備員のいずれかによって退場を命じられた参加者は直ちにそれに従わなければならない。 

15. レース・コース上では、全カテゴリーにおいて、ペット、自転車、インラインスケート、ベビーカー、手押し車、車輪の組み込まれた/取り付けられた靴、その他車輪を用いて動く一切の物は、使用を禁じられている。この例外は、キッズ・ダッシュと10km車椅子の両カテゴリーで、それぞれベビーカーと車椅子の使用が認められている。レース・コース上で認められている車両は、本レースの公式車両と救急車のみとなる。

16. 10km車椅子カテゴリーの参加者全員にはヘルメットの着用が義務付けられている。

17. レース・コースではスポーツ用車椅子以外の車椅子は使用できない。

18. 登録後、SCMS 2012に参加しなかった者に対する料金の払い戻しは理由の如何を問わず行われない。

19. 主催者は、商業宣伝を含む、合法的な目的で、SCMS 2012に関する(参加者を写したものを含む)一切の写真、動画、記録、もしくはその他の媒体記録を使用する権利を有する。

20. 主催者は理由を説明することなく、レースへの参加申し込みを制限および/または拒否する権利を有する。

21. 主催者は参加者に対する事前通知なしに任意のレース・カテゴリーを中止する権利を有する。

22. 主催者は参加申し込み情報の不備から生じる異議には一切対応しないし、責任も負わない。

23. 参加者がレース登録を別の人物に譲渡することや、登録確認後にレース・カテゴリーを変更することは厳格に禁じられている。

24. 登録したレース・カテゴリーの実際のスタート時間より前にスタートした参加者は失格になる。各レース・カテゴリーのスタート時間は公式ウェブサイトに記載される。

25. (フルマラソン、駅伝、ハーフマラソン、10km男子/女子/車椅子およびキッズ・ダッシュの)各スタート地点から30分以内にスタートしない参加者は、安全上の理由から失格となり、スタートは認められない。

26. フルマラソンおよび駅伝(42.195km)の参加者は、レース当日に18歳以上でなければならない。

27. ハーフマラソン(21.1km)の参加者は、レース当日に17歳以上でなければならない。

28. 10kmレースの参加者は、レース当日に14歳以上でなければならない。

29. 18歳以下の参加者はオンライン登録または直接登録を行う際に、親/保護者の同意を求めた上で該当する賠償免責承諾書および申告書に必要事項の記入が義務付けられている。それを怠った場合、主催者は当該参加者の登録を拒否する権利を有する。

30. マスターズ男子オープンおよびマスターズ女子オープンの参加者は2012年12月2日時点で40歳以上でなければならない。

31. 主催者は本イベントの荷物保管所に預けられた所持品および物品に対し、個人的またはその他の、損失および/または損害に関し責任を負わない。主催者はまた、預けられた物品または荷物をチェックする権利を有する。

締め切り基準タイム

32. 8時間以内にレースを終える可能性が低い参加者に関しては、レース担当者がレース・コースに沿って設けられた指定の分岐点でゴール・ゲートに向けた近道に迂回させる。自身の安全および交通渋滞に巻き込まれるのを防ぐため、参加者は指示に従わなければならない。そうしない場合、参加者は直ちにレース・コース外に連れ出される。上記の参加者に対しても、完走者Tシャツ(フルマラソンおよび駅伝カテゴリーのみが対象)、メダルの支給および公式レース・タイム記録の発表は行われる。但し、かかる参加者は失格とみなされるため、電子参加証書は発行されない。

レース・カテゴリー

33. 参加者は個人またはチームの一員として参加を選択できる。個人およびチームのレース・カテゴリーは以下のとおり。

個人

– フルマラソン – 42.195km

– ハーフマラソン – 21.1km

– 10km 男子

– 10km 女子

– 10km 車椅子

– キッズ・ダッシュ – 750m

チーム

– 駅伝 – 42.195km(各チームは6名の参加者で構成されなければならない)

34. キッズ・ダッシュは非競争的レースであるため、本種目の参加者には計時チップは支給されないし、公式計時の記録または実施は行われない。

35. キッズ・ダッシュ

I. キッズ・ダッシュは、レース日前の年齢を参照し、4つのスタート時刻に分かれる。

– 3歳以下*

– 4~6歳*

– 7~ 9歳*

– 10~13歳*

*レース日以前での年齢

II. キッズ・ダッシュの参加者は、レース当日に13歳以下でなければならない。キッズ・ダッシュ参加者の親/保護者はオンライン登録または直接登録をする際、賠償免責承諾書および申告書に必要事項を記入しなければならない。それを怠った場合、主催者は当該参加者の登録を拒否する権利を有する。

III. キッズ・ダッシュでは安全上、6歳以下の参加者には親/保護者一名の伴走が義務付けられている。 これを怠った場合、主催者は該当する参加者の登録を拒否する権利を有する。

IV. 6歳以下の参加者に関し、識別タグを支給された親/保護者1名のみが伴走を認められる。

V. 6歳以下のキッズ・ダッシュ参加者に関しては、ベビーカーが認められている。

36. 駅伝 – 42.195km カテゴリー

I. 集合:

各駅伝チームの参加者6名全員は、規定時間に指定の集合場所に集合しなければならない。各チームの第1走者はフルマラソンのスタート地点で点呼に応じ、第2~第6走者は各引き継ぎ地点に移送される。遅刻者を含むチームはその場で失格となる。

II. レース:

チームの第1走者はフルマラソン参加者と同じ時間にスタートする。第1引継ぎ地点で、同じチームの第2走者は第1走者からたすきを受け取り、このリレーはチームの最終(第6)走者がレースを終えるまで続く。6つの区間の距離は同じではないが、合計で42.195kmとなる。

III. 参加者扶助/移送:

各区間を走り終えた走者は引継ぎ地点に設けられた休息テントで休息できる。駅伝走者はゴール地点への移動にシャトルバスを利用できる。

IV. 勝者:

技術的な異議が生じない限り、第6走者がリレーのたすきを掛け最初にゴールしたチームが勝者と認定される。

賞金

37. 各参加者が獲得を許されるのは1種類の賞金のみとなる。受賞資格のある参加者は、より高額の賞金を提供する可能性の高い、自身が授与資格を有する別の賞金カテゴリーの賞金を受け取る選択ができる。参加者の選択にかかわらず、関連賞金カテゴリーそれぞれにおける着順は変わらない。

38. 受賞者が失格と判明した場合、主催者は、受賞者を代替する権利を有する。

39. 2012年12月2日から1ヵ月以内に請求されない賞金は全て没収され、主催者はそれを自由に再分配または処分できる。

40. 賞金/賞品は主催者が授与する形で受け取られなければならない。賞金/賞品は譲渡も換金もできないし、主催者が規定するとおり、規定および/または諸条件が適用される。

41. 全カテゴリーに関し、受賞者決定には「スタートの合図のピストルが鳴った時間」が考慮される。

42. フルマラソン – 42.195kmの個人カテゴリーは次のとおり:

I. 男子オープン
II. 女子オープン
III. シンガポール男子
IV. シンガポール女子
V. マスターズ男子オープン
VI. マスターズ女子オープン

[シンガポールの市民権を有する参加者のみがカテゴリー(III) および(IV)への参加資格を持つ]

43. ハーフマラソン – 21.1kmの個人カテゴリーは次のとおり:

I. 男子オープン
II. 女子オープン

44. 10kmの個人カテゴリーは次のとおり:

I. 男子オープン
II. 女子オープン
III. 車椅子

45. キッズ・ダッシュは非競争的レースであるため、賞金は授与されない。

46. 受賞者または受賞の可能性を持つ参加者は、結果に異議を唱える場合、ゴール地点の掲示板に結果が表示されてから30分以内もしくは授賞式の直後のいずれか早い方の時点で、本人がその場で直接、異議申立書に控訴料50シンガポールドルを添えて、それを行う必要がある。

47. 前項以外の参加者全員については、結果に関する異議はレース日から7日以内に電子メールを含む書面により、控訴料50シンガポールドルを添えて申し立てなければならない。主催者は2012年12月10日以降に寄せられた一切の異議に対応しない権利を有する。
異議申立書送付先: SCMS Organising Committee c/o Singapore Sports Council, 230 Stadium Boulevard, Singapore 397799
小切手受取人:Singapore Sports Council
メールアドレス: [email protected]

レース登録セットの受け取り

48. 全参加者は、公式ウェブサイトに詳細が記載されるレース登録セット受け取り場所(「REPC」と言う)で、受け取り期間(「受け取り期間」と言う)内に、ゼッケン、計時機器、イベント専用Tシャツ、イベント・ハンドブックおよびその他を含むレース登録セットを受け取らなければならない。参加者本人がレース登録セットを受け取れない場合、公式ウェブサイト記載の手続きに従い、正当に権限が与えられた代表者に受け取りを行う権利を与えることができる。

49. 当該期間を越えての受け取りが対応されることはないし、主催者は、参加者がレース登録セットを受け取れなかったことにより生じるその他の損失または不都合に対し責任を負わないものとする。疑惑を避けるため、主催者は受け取り期間を延長する義務も、参加者が確実にレース登録セットを受け取るよう努める義務も負わないものとする。受け取り期間中にレース登録セットを受け取るのは、常に参加者の責任である。受け取り期間中に受け取られなかったレース登録セットは不要とみなされ、主催者ははそれを適宜、自由に処分または再分配できるものとする。

ランナーへの資格授与

50. 選択したカテゴリーでレースを完走した参加者全員には、ゼッケンをレース担当者に提示した時点で、完走者メダルが授与される。

51. フルマラソン/駅伝参加者は、レース日に完走した時点で初めて完走者Tシャツを受け取ることができる。完走者Tシャツはサイズごと数に限りがあり、最初に選択したサイズのシャツが入手できなかった場合、当該フルマラソン/駅伝参加者には次善サイズのシャツが支給される。

52. 完走者メダルおよび完走者Tシャツは全てレース日に受け取るものとする。レース日を経過してからの支給要請は受け付けられない。

53. 自身が選択したカテゴリーでレースを完走した参加者全員には、電子参加証書が授与される。この電子参加証書は、レース日の午後6時までに公式ウェブサイト上で入手可能となる。この資格は、締め切り基準の8時間内にレースを完走できなかった参加者、失格者、非完走者には適用されない。電子証書は2013年11月30日まで入手可能とする。

スタンダード・チャータード・マラソン・シンガポール「ディスタンス・チャレンジ(完走距離合計コンペ)」

54. 法人「ディスタンス・チャレンジ(完走距離合計コンペ)」:

会社法および商業登記法の下、登録されている企業体(以下、「企業」と言う、あるいは「企業」と総称する)全てが参加できる。参加者は同一企業の従業員でなければならない。要請により、参加資格の証明が提示される必要がある。各レースの完走を果たした従業員の走行距離の合計が最長となった企業が、勝者となる。主催者の決定は全て、最終とする。

SCMS 2012のスポンサーおよびパートナーが、本部門で優勝した場合、記念の盾および主要紙への掲載を含む、受賞資格を有する。

55. 非営利組織「ディスタンス・チャレンジ(走行距離合計コンペ)」:

非営利組織、大使館または高等弁務官事務所、法定機関、教育機関、同好会および協会(以下、「組織」と言う、あるいは「組織」と総称する)が参加できる。省庁や複合企業など大規模組織については、参加者は直属の同一部署、支店または支部の従業員でなければならない。要請により、参加資格の証明が提示される必要がある。各レースの完走を果たした従業員の走行距離の合計が最長となった非営利組織、または登録部署、支店もしくは支部が、勝者となる。主催者の決定は全て、最終とする。

56. 法人または非営利組織「ディスタンス・チャレンジ」の出場権を得るためには、当該企業または非営利組織は法人登録パッケージまたはゴールド/シルバー・ホスピタリティ・パッケージに登録する必要がある。既に個人で登録をしている各当該企業または非営利組織に属する参加者は、達成した距離を所属企業または所属組織の「ディスタンス・チャレンジ」に含めない。

57. 法人または非営利組織の「ディスタンス・チャレンジ」で参加者が登録および参加できるのは、1企業または1組織に限る。

58. 企業および組織は、主催者との連絡担当者の役割を果たす団体コーディネーター 1名を指定する必要がある。

59. 団体コーディネーターは、参加者の募集、所属企業または組織のレース登録のまとめ、レース当日に必要な用具の取得および参加者への配布に責任を持つ。

60. 団体コーディネーターには、登録システムにアクセスして参加者の最終登録事項を入力するのに必要な管理ユーザーIDとパスワードが発行される。

61. 企業または組織には、登録事項の送信後、参加者の差し替えは認められない。

62. 所属企業または組織の法人登録パッケージまたはゴールド/シルバー・ホスピタリティ・パッケージの下で法人または非営利組織の「ディスタンス・チャレンジ」に登録する参加者には、約定法人登録料金に加え、(スタンダード・チャータード銀行[ ]カード保有者割引など)その他一切の割引を受ける資格はない。

63. 主催者は、要請に応じ、団体コーディネーターに対し、法人登録パッケージまたはゴールド/シルバー・ホスピタリティ・パッケージの下で登録している参加者に関する計時記録を提供する。主催者は、法人登録パッケージまたはゴールド/シルバー・ホスピタリティ・パッケージの下で登録していない個人に関するいかなる情報も開示しない権利を有する。

64. 所属企業または組織の法人登録パッケージまたはゴールド/シルバー・ホスピタリティ・パッケージの下で登録している参加者は、自身が選択したレース・カテゴリー内の賞金を獲得する資格を持つ。